精子って栄養があるの?性にまつわるウソ・ホント

食生活やエクササイズでヘルスケア!これは誰もが知り実践していることでしょう。実は夜の夫婦生活も続けていけば美容や健康にとても良いことがわかっています。「セックスって気持ちいいだけじゃないの?」と疑問に思うかもしれませんが思った以上に様々な効果があるのです。セックスの健康効果について見ていきましょう。

セックスで健康を保つことができる!

健康維持は中高年はもちろんのこと、20代30代の若年世代にも大きなテーマの一つです。栄養サプリを摂取したり定期的な運動をしたりとみなさん様々な努力をしていることでしょう。実はセックスもそれらのヘルスケアアクションと同じように人の体にとても良い行動なのです。
アメリカの研究によれば週に1~2回セックスをしている人は免疫力が30%ほど増加するということがわかっています。その秘密は性行為中に分泌されるβエンドルフィンです。この脳内分泌物は自然治癒力を高め、抗がん作用もあると言われています。週に2回程度のセックスは健康に良いということですね。

セックスで肌が綺麗になるって本当?

女性はセックスをすると肌艶が良くなると言いますが果たしてそれは本当なのでしょうか?実は性行為中に美容ホルモンとも言われているエストロゲンの分泌がされるということがわかっています。女性の美にとって重要なホルモンですから適度なセックスで肌艶は実際に良くなるのです。
また、男性もセックスをすることで美しくなることができます。性行為はジョギング程度の運動効果があり、カロリー消費や老廃物の排出などを期待できます。汗とともに余分なものが流れますので体の中から綺麗になることができるというわけですね。
セックスは男女ともに美容によいということは間違いなさそうです。

精液に栄養はあるのか否か!?

「精子はタンパク質などの栄養が豊富で飲むと健康に良い」なんてことを聞いたことはありませんか?実はこれあながち間違いではありません。正確には精子ではなく精液に栄養が含まれていて、ミネラルなどの補給にある程度の効果があります。タンパク質は1日に60グラム以上の摂取が望ましいので精液中の量ではとても足りません。しかしミネラル分は例えば亜鉛ならば1日の必要摂取量が10㎎程度ですので精液中の分量でもそこそこの補給にはなるのです。
とはいっても無理して飲む必要は全くありません。精液中の成分はその日の体調や食べているものなどによって大きく左右されますから必ずしもミネラル補給になるとは限らないからです。本当に健康のことを考えるならばサプリで摂取した方が確実と言えます。あくまでも多少は体にいいかもしれないくらいの感覚にとどめておきましょう。