セックスレスにはこう対処しましょう!

日常生活は楽しく幸せな毎日を送っているけど、夜の生活はだいぶご無沙汰。意外とそういう夫婦は多いです。せっかくならベッドの上でも仲良くしたいと思いますよね。セックスレスになってしまったならば、ちょっとした工夫をしてみましょう!


1.原因や理由を探ってみよう

セックスレスになるにはいろいろと理由があります。マンネリ化や体力的な問題、仕事が忙しかったり、子供ができてする機会がない、といったことが考えられるでしょう。夫婦の性生活が減ったと思ったら、まずはその原因・理由を考えることから始めてみましょう。

2.いつもと違うHを楽しむ!

原因がマンネリ化ならば意外と対処法は難しくありません。最も効果的な方法は“新しい刺激”を試してみることです。お決まりのプレイを打破することで、セックスを「楽しいもの」「面白いこと」と定義づけしましょう。夫婦がお互いに楽しめるレジャーとなれば自然とセックスレスは解消できるものです。

3.運動すると変われます!

歳を取れば体力が低下し、自然とセックスの回数も減るのが自然です。とはいえ全くなくなってしまうというのは寂しいものですよね。明らかに体力的な問題ならば、軽い運動をして身体的に健康になることから始めてみましょう。適度な運動は体力の向上はもちろん、血行を良くして精力の増強も望めます。ぜひ夫婦そろってのジョギングなどを始めてみてください。

4.スキンシップだけでもいい!

仕事などが忙しく、時間が取れないためにセックスレスになってしまうこともあるでしょう。物理的に時間がないわけですから、性行為をすることはなかなか難しいものです。そういう場合は夫婦間のセックスのあり方・考え方を変えてみましょう。夫婦のセックスは必ずしも“挿入”だけが重要ではありません。キスやペッティングなど、ちょっとしたタイミングでできるものも性的なコミュニケーションです。少しずつのスキンシップによって相手への好意が蓄積されるはず。時間が出来た時にはベッドへ直行できるくらいに高まるはずです。時間がないなら、ないなりに触れ合うことが大切です。

5.子供ができたあとは……

お子さんが小さいうちは夜の営みにそれほど苦労をしないでしょう。大きくなってからは「子供が起きてしまうのではないか?」「バレたりしないか?」など不安になってなかなか夫婦のセックスがしづらくなってしまうものです。なかなか難しい問題ですが、休日などに親族に預かってもらい夫婦でデートをするというのも手です。また軽いスキンシップだけでも毎日しておけば、感情が薄まることもなくなるので意識して行っていきましょう。

セックスレスの対処法はまず理由を探ることから。原因さえわかっていれば、長期間できていなくても愛情は冷めませんし、対処することも可能です。夫婦で一緒に探究・工夫をしてセックスレスを乗り切りましょう!