女性の性欲は40代がピークって本当?
女性は若い頃よりも、熟年になってからの方が性欲が増すという話を耳にします。ある話によると、ピークは40代に来るというのです。40代と言えば、女性は妊娠適齢期を過ぎたころになります。また、早い人では更年期障害で悩むケースもあるでしょう。こうした時期に性欲のピークが来るのは本当なのでしょうか。男性としては、興味津々な部分と言えますよね。
女性の性欲のピークが40代と言われる理由
女性の性欲は。40代にピークを迎えると言われています。理由としては、セックスの経験値が上がり、快感を覚えている年代だからという説がひとつ。また、妊娠可能な時期のリミットが近づいているから、という説もあります。たしかに、40代ともなると自然妊娠の可能性は大きく後退するので、納得のいく理由だと言えるでしょう。

しかし、実際にはたしかな証拠はありません。性欲のピークにかんしては個人差が大きく、40代にピークを迎えることもあれば、若いころの方が性欲が高まっていたという例もあります。そのため、確実に40代に性欲がピークであるとは言えないのです。女性自身にも自覚が無いことも多く、はっきりしたことはわからないのが現実です。

40代の女性に対して、性欲のピークであることを告げ、からかうことは止めましょう。妻が40代になったことをネタにして、からかうことはとてもナンセンスなことです。女性として深く傷つき、不快な思いをする人も多いので気を付けてくださいね。
40代の妻はセックスをしたがっている?
では、40代の妻はセックスをしたがっているというのはどうなのでしょうか。こちらも同じく個人差が大きいとしか言えません。性欲が盛んになっている人もあれば、子育てを終えて性欲も無くなっている人もいるのです。夫が無知なために、妻の性欲が高まっていてセックスしたくなっているのだろうと思い込むことが悲劇を生みます。

セックスをしたくもないのに、無理やり誘って断られたとき、逆上してしまう夫もいます。良かれと思って誘ったことがあだになった例ですね。夫も気の毒と言えば気の毒ですが、元はと言えば間違った知識によるものなので弁解のしようがありません。

40代だからといって、性欲のピークが来ているとは限らないのです。自分勝手な考え方を優先して、妻の気持ちを考えず、セックスを強要することは止めましょう。夫への愛情を無くすだけでなく、セックス嫌いになってこのままセックスレスになるかもしれませんよ。
夫が妻の性欲をきちんと理解して対応すること
夫婦であれば、お互いの性欲についても理解しようと努力することが大切です。夫と妻の性欲が合致すれば問題はありません。しかし、多くの場合で、ズレがあったりタイミングが合わなかったりするものです。

夫がしたいときと妻がしたいときは、必ずしも一致するとは限りません。また、若いころと比べて性欲の高まりに変化が出てくるのも自然なことなのです。事実をきちんと受け止めて、どうしたら最もいい方法になるのか、きちんと考えましょう。夫が妻の性欲について理解することができれば、2人のセックスライフも安定したものになりますよ。
まとめ
女性は40代が性欲のピークと言われる理由は、セックスに慣れて体が十分に対応できる年齢であるということがひとつです。また、子どもができにくくなることを本能的に察知してセックスを要求するようにもなるわけです。40代の妻をもった夫としては、こうした女性の性欲のピークについてきちんと理解しておくことが大切です。妻の性欲について理解しておけば、やさしい対応ができることでしょう。
まとめ
結婚後も、悪びれることなく風俗に通い続ける男性がいます。妻というものがありながら、なぜわざわざ風俗に通うのか理解できない女性も多いことでしょう。男性としては、妻は妻として愛していても、妻とはできないプレイを楽しんだり、性欲の解消方法としたりしているのです。ただし、風俗の利用については夫婦できちんと話し合って理解を得ておくことが大切ですよ。