男盛り・女盛りな20代・30代

仕事でもプライベートでも20代~30代は気力・体力ともに若々しく充実している時期です。体力的に頑張れる、まさに男盛り・女盛りの夫婦だからこそ、セックスをより楽しく快活にするいくつかのポイントを押さえていきましょう。


肉体的に優れているからこそチャレンジしたい

20代~30代は男性も女性も肉体的に充実している時期です。スポーツの世界においてもやはりこの年代が最も身体的に発達していますよね。一説には「セックスは100mを全力疾走するくらいのエネルギー」とも言われています。若さあふれるこの世代は夜の営みも肉体的に言えば最高の時期と言えるでしょう。

セックスにおいて身体能力はとても大切です。テクニックや気遣い、愛情など重要な要素はたくさんありますが、筋力・体力もまた必要なポイントでしょう。体が動くということは、たとえば様々な体位やプレイにチャレンジできるということです。せっかく充実している年代なのでいろいろ試してみてはいかがでしょうか。

若い男性でもあり得るED問題

年齢的に若いからといって夫婦間のセックスがすべて良好というわけではありません。肉体的に充実していても問題が起こることはありえます。

昨今、草食男子という言葉が使われるようになりました。本来、男の性は能動的な傾向がありますが、草食男子たちは受け身に徹してしまうことがほとんど。流されるままのプレイを続けるうちに、セックスに対して精神的なバイアスがかかってしまうことがあります。性に対する心の負荷はやがて肉体にも影響し、EDなどの問題を抱える可能性があります。実際、ED治療の専門医院である浜松町第一クリニックの『年別のED初診数構成比率』によれば2013年の20代~30代のED初診患者が2006年とくらべておよそ1%ずつ上昇していることがわかります。

「まだ若いのに恥ずかしい」という気持ちもあるでしょうが、勃起に不安を感じたら素直に受診してバイアグラを処方してもらうことをおススメします。肉体的に充実している若い世代だからこそ治療をしてセックス本来の楽しさを味わってください。

時には夫婦から恋人に戻りましょう

様々な事情からセックスレスになる20代~30代も増えてきています。理由は様々ですが夫が仕事で疲れてとか、妊娠・出産でデキないとか、“家族”となってしまうと雰囲気がでないなどといろいろです。恋人時代とは違い、夫婦になるということは抱える事情も変わってしまいます。

セックスレスにならないためにはどうすればいいのか?たとえば週に1度週末くらいは二人で過ごす日を作ってみてはいかがでしょう。初めは面倒だなと思っても、密着してなんとなくイチャイチャしていれば、若い体は反応して気が付けばベッドの上で楽しむことになるはずです。夫婦とはいえ、まだまだ若い世代です。時には親密な時間をつくり恋人のころに戻る時間も必要でしょう。

20代~30代の夫婦は男女ともに肉体的に充実している世代です。若いからと言って過信は禁物ですが、様々なプレイにチャレンジしてみたり、ラブラブな雰囲気のまま勢いで楽しんだりすることも大切なことです。積極的に夫婦のセックスを楽しんでみてください。