仮面夫婦はどうして離婚しないのか

夫婦には色んな形があります。どんな形が一番いいとは言い切れないかもしれませんが、世の中には周りが不仲に気付かない「仮面夫婦」がいます。一緒にいてもワクワクしない、楽しくない、そう感じながらもなぜ一緒に暮らしているのでしょうか。仮面夫婦のタイプや特徴などをご紹介します。

仮面夫婦には2パターンあるって知ってましたか?

仮面夫婦と聞くてどんな印象がありますか? 夫も妻も、相手に対して無関心ながらも同じ屋根の下で暮らしている、というイメージが一般的ですね。もちろん正解です。いろんな理由から、表向きは仲のよい夫婦を演じているものの、家の中ではまるで別のカップルのように豹変するカップルです。実はそれ以外にも、パートナーの片方が仮面夫婦というカップルもいるみたいですよ。これは、片方が今の状態のままでは関係が破綻する、と努力したい一心なのに、もう片方が仮面をかぶったままなのでいくら相手が努力をしても二人の距離がまったく縮まらないという厄介なタイプです。

そんな夫婦がなぜ離婚しないのか、それぞれのカップルごとに理由はあるようです。例えば子供がまだまだ小さくて手がかかるため今は離婚できないという場合、世間的に離婚したカップルだという目で見られるのがイヤという場合、離婚は面倒なことが多いので今の仮面夫婦のままで居たほうがラクという場合、これらが主な理由になっています。

仮面夫婦の特徴を自分たちと比較してみよう

夫婦の会話は必要最低限以外しない、相手がどこで何をしていようと気にならない、面倒なことはイヤなので仮面をかぶってまでも今の状態を選ぶ、離婚となると親権問題が厄介でどちらも子供を手放したくない、社会的地位が高いため離婚したあとの世間体が気になる、パートナーのほかに付き合っている異性がいるので精神的・肉体的欲求は満たされているので今のままでいい、これらが仮面夫婦の特徴のようです。離婚には大きなリスクがつきまとうため、今のままの状態を選ぶということなんですね。

こんな夫婦が仮面夫婦になりやすい

どんな夫婦でも仮面夫婦になってしまう可能性はあります。自分たちはだいじょうぶかな、と気になる方はこんなことを確認してみてください。

「何か問題が起きたとき、二人でしっかり話し合っているかどうか」
「自分が相手に思っていること、感じていることをしっかり言葉で伝えているか」
「相手の話をしっかり聞く耳を持っているか」
「こちらがすべて我慢すれば丸く収まると思っていないか」
「何かあると自分のことは棚に上げて相手を責めてばかりではないか」
これらを二人で確認しあってみてください。もしかしたら、仮面夫婦一歩手前、もしくはすでに仮面夫婦になっている可能性があります。夫婦二人の問題は、夫婦二人で解決すること、これが最低条件なんですね。

仮面夫婦の冷え切った状態は、改善したほうがお互いのためです。出会った頃はあんなに愛し合っていたのですから、きっとなにかきっかけがあれば以前のような二人に戻れるはずなんです。このままじゃやっぱりダメ、そう気付いたときが二人の距離を縮めるチャンスかもしれません。パートナーが側に居てくれてよかった、そう思える関係が復活するといいですね。