愛情と義務の使い分けしてますか?

一緒に暮らしていれば不満は多かれ少なかれ出てくるものですよね。夫婦ならばベッドの上での意識の違いや不平などもあるはずです。人によっては愛情は薄れて、すでに義務と感じてセックスをしている場合もあるかもしれません。夫婦生活を長く円満に続けるために、上手な愛情と義務の考え方を覚えましょう!

1.セックスに義務感を感じる理由

「パートナーへの愛情がないわけではないけれど……」夫婦としての付き合いが長くなればなるほど、夜の営みに違和感を抱く人は少なくありません。好きだから求められれば肌を合わせるものの、積極的にしたいわけではなくむしろ“夫婦としての義務感”でセックスをしている人もいます。一緒に暮らせることに幸せを感じるし好きという感情もあるのに性生活は微妙。嫌いじゃないからこそ、相手を傷つけたくない。セックスは夫婦の務めだと考えてしまうわけです。

2.義務セックスのメリット

たとえ義理セックスだとしても定期的に性生活を送ることは夫婦生活にメリットがあります。義務だとしても肌を合わせる親密な時間があることで、ボディコミュニケーションが取れるでしょう。セックスレスであるよりは夫婦仲は良いはずです。セックスそのものにはストレス解消の効果があります。ちょっとした不満でもベッドをともにすることで忘れることができ、不要ないさかいを回避できることもあるでしょう。また浮気防止の効果もあります。定期的なセックスで性欲を満足させることで外での浮ついた気持ちにブレーキをかけることも可能でしょう。義務とはいえ肌を合わせることはメリットは少なくありません。

3.苦痛を感じ始めてしまったら

いくらメリットがあるといっても、義務感のセックスが続けばストレスになるでしょう。それまで性生活以外は問題なかったとしても、蓄積した不満が夫婦生活に問題をきたす可能性があります。もし苦痛を感じ始めたならば、一度セックスに対する考え方やプレイ自体を見直すことも大切です。

4.毎回頑張る必要はない

セックスは体力を使う行為だからこそ、疲れているときや眠い時は遠慮したいと考えてしまうでしょう。それでも求められたから頑張ろうと思ってしまうから“義務のセックス”になってしまうわけです。もちろん夫婦生活を円満にするための努力は必要ですが、毎回ストレスを感じたり、自分ばかりが責務を負う必要はありません。時には正直に「疲れているから今日はごめんね」と断ることも大切です。義理セックスが苦痛となり、相手への気持ちがなくなってしまうという最悪の事態を避けるためにはやさしい拒否だって立派な愛情の示し方と言えます。

5.一歩進んだ義務感を目指しましょう

義理セックスとなっている理由の一つにプレイのマンネリ化も考えられます。性行為が楽しめないから面倒になってしまい義務感が生じてしまっている可能性があるわけです。性生活を見直すことで新たな楽しみが見つかれば、むしろ積極的に「Hをしたい」という気持ちが沸き起こるはずです。そもそも積極的でないセックスを新たに模索することは大変なことですが、愛情を持続させるための建設的な夫婦の義務として取り組んでみてはいかがでしょうか。