ラブラブ夫婦と自負する奥様のガールズトークを徹底調査

世の中には、自分たちはラブラブ夫婦ですと堂々と宣言する夫婦がいます。今の時代はあまり珍しくないみたいですね。そんな夫婦がうらやましい、と少しでも思っているのなら、ラブラブ夫婦の奥様の話をちょっと覗いてみませんか? そこにラブラブ夫婦の秘訣が隠れていましたよ。

ラブラブ夫婦の本音をちょっと覗いてみませんか?

世の中には、私たちはラブラブです、と堂々宣言しているカップルは少なくありません。少し昔なら「日本人たるもの」という頭の固い男性が多かったですが、今は時代遅れと言われてしまいそうです。夫婦二人がいつまでも仲がいいことはとてもいいことです。周りを見渡してみても、夫婦仲がいいカップルは、見ていてうらやましいと思いますよね。自分たちもお爺ちゃんお婆ちゃんになってもあんなふうに暮らしたいと憧れの的になっているはずです。そんなラブラブカップルの女性たちの本音をちょっと覗いてみませんか? ガールズトークだからこそ見えてきた「どうしていつもラブラブなのか」が見えてきますよ。

女子会でのラブラブエピソードをご紹介

「恥ずかしながらペアルックを楽しんでいる。外に出かけるときはまったく同じ服だとさすがに恥ずかしいので、同じブランドで色違いとか。家に居るときも部屋着やパジャマも色違いでペアルック。いつも一緒って感じられるからペアルックが大好き。」

「二人で笑いのツボが一緒だったり、食べたものを美味しいと感じたツボが一緒だとラブラブ度が増す! やっぱり価値観とか食の好みが一緒って大事だと思う。」

「二人きりのときにだけ呼び合う特別なニックネームがある。例え親しい友達でも聞かれたら恥ずかしいけれど、二人だけなら問題なし。ケンカしてもついニックネームで呼んでしまうから、ケンカがヒートアップしにくい。結局すぐに仲直り。」

「実は二人で出かけるときは必ず手を繋いでいる。田舎でもそうやって歩いている夫婦が増えてきたから違和感がまったくない。夫に大事にされてるなあって実感できるから嬉しい。」

「中高年と言われる世代ですが、家に居るときは二人寄り添って過ごすことが多いです。触れ合っているとそれだけで安心できるんですよね。」

「少ないお小遣いの中から、私が大好きなスイーツを買ってきてくれることがある。自分だって何か食べたり飲んだりしたいはずなのに。からかわれそうで涙を流さないけれど本当は号泣したいぐらい嬉しい。」

「家の中で二人で意識してバカっぽくなるとき。音楽をかけて適当に踊ったり追いかけっこをしたり。まるで子供みたいにはしゃいでいると、この人とは本当の自分をさらけだせるんだよな、って幸せになる。」

「他の夫婦の不満話を聞いているとき、うちの夫婦はやっぱりラブラブ夫婦なんだなと確信する。その場では言えないけれど、自分たち夫婦は幸せ者なんだなと改めてありがたく思う。」

いかがでしたか? 聞いているほうが恥ずかしくなってしまうような話もありますね。でも、これがラブラブ夫婦の秘訣でした。やはり、お互いに「夫婦生活を楽しもう」と工夫をしている様子が見えると思いませんか? なんの努力もせずにラブラブしているわけではなかったんですね。