休更年期の妻の対応には気を付けよう

更年期に差し掛かった女性は、とても大変です。体調不良だけでなく、精神的にも不安定になるからです。妻が更年期である場合は、対応に気を付けましょう。ちょっとしたことが気に障ってトラブルになりがちです。セックスにかんしても同様で、感情的になったり拒絶されたりすることもあるでしょう。とにかく、デリケートな時期であることを理解して慎重に対応してください。

女性は更年期がある

女性には、子どもを生むために生理があります。しかし、中高年になり出産適齢期を過ぎてしばらくすると、閉経を迎えます。閉経を迎えるときには、ホルモンバランスが大きく変わるため、更年期障害と言われる症状が現れることが多いものです。更年期障害は、経験した本人しか辛さがわからないものです。

まず、夫は妻が更年期障害を迎えている可能性があることをきちんと認識してください。見た目は若くても、体内時計は確実に年老いているということもあるのです。最近疲れやすいとか、気分が落ち込みがちだという意見にしっかり耳を傾けましょう。もしかしたら、ふとした日常会話の中に、更年期障害のサインが出ているかもしれません。

女性は更年期になると、精神的にイラつき、落ち込むことが多くなりがちです。また、体も疲れやすくなったり、のぼせやすくなったりするなどさまざまな症状が現れて不調を訴えることが多くなるでしょう。妻の更年期障害のサインを見逃さないようにしてください。

更年期の妻の対応には気を付けよう

妻が更年期に突入した場合、ちょっとしたことでも対応に気を付けてください。感情が高ぶりやすいので、強い言葉で非難したり、口げんかや注意などをすると途端に手が付けられないほどの怒りを表すこともあります。また、気分がふさぎがちになったり、言動もおかしいと思われたりすることもあるでしょう。

すべては女性ホルモンの減少による影響なのです。妻の性格が変わってしまったと思わないようにしましょう。自分ではコントロールしがたい状況が起きているため、妻としてもどうにもできないのです。心身のコントロールをしにくい更年期には、夫としてできるだけいたわってあげることが大切です。

妻の辛さを理解して一緒に乗り越えて

妻としても、自分の体に何が起こっているのか分かっているつもりでもどうにもならないのですから仕方がありません。感情の起伏をどうすることもできないのです。更年期は永遠に続くわけではないので、夫も一緒に乗り越える覚悟をしましょう。

妻の辛さを自分の辛さと考えることができれば、思いやりの心が生まれます。思いやりの心があれば、ちょっと態度が悪いぐらいで怒ることもなくなるでしょう。感情をできるだけおだやかに保ち、楽しくすごせるように2人でがんばってください。更年期を無事終えたころには、また以前のような妻に戻ります。妻からも、きっと感謝されることでしょう。

まとめ

多くの女性は、更年期を迎えたときに更年期障害を経験するものです。生理不順やのぼせなどの体調不良だけでなく、精神的に不安定になるなど大変です。男性には理解できないことも多いでしょうが、本人にとってはとても辛いものなのです。妻が更年期障害になっているときは、対応に注意してください。ちょっとのことで気に障って、トラブルになりがちです。妻の辛さを理解しつつ、一緒に乗り越えてあげましょう。